きみのそういう部分を見せてくれ

そういうやつです、心の細かいやつ

冬の呪いは君にもかかる、きみの、国。

 

 

冬がきた

 

呪いの冬だ 私にとっては。呪いの季節なのだ。

 

6月に初めて会った君なのに、どうして冬に距離を縮めようとしてしまったのだろう

君にも私の、呪いがかかってしまうのだろうか

ああ、もう 終わった。また一年が経って、同じ呪いがじわじわと、こっちに来ていると。怖いのだ。

 

君も、私のことを大切になんてせずに消えるんでしょ

私は知っている。男の子になったら、誰も私を大切にしないし、飽きてしまうし、居なくなってしまうことを。

始まりが唐突で衝撃的であるほど、呪いはかけやすい

 

君は私のこと人間としてちゃんと見たことなんてないんだと思ってしまった。

その先の、作品としての結果と、いつも目を合わせているのでしょ

作品が終わったら、私も、君も、嘘だったみたいに事実ごと消えるの

わたし、わかるの

そんなことないって思うの?でも、わたしわかるの 本当にわかるの

だって去年自殺したわたしの恋心は、バラバラになってわたしの元へ帰って来たけれど、今も生き返らないままよ。

呪われたわたしの一部は、自殺して。もう帰らないの

そんなふうに、わたしと君の呪われた一部はきっと消えてしまうよ

 

 

性別が、怖い

君が男の子になった瞬間、わたしは女としてでしか君と接しられなくなるの

でも君が、「一気に距離の近い目になったねえ。」って言った時、

ものすごい脅威に支配されてしまった。と思った

君は、作品を完成させるためならきっと、手段を選ばないのだ。

たとえそれによって、わたしの心とか、体が

死んでも

 

ものすごい怪物を、生み出してしまったのか、見つけて、出会ってしまったのか

ひどく冷酷で残酷で、暖かく柔らかい君に、出会ってしまった

 

一方わたしは普通の人間だから、君に食われた跡はきちんと残るのだ

言葉や悲鳴があまりに無意味な国だった 誰も君を止めることは

もうできなかった。

そしてわたしまで、止めて、君が居なくなるくらいなら、止めないでいて。と願ってしまっていたのだ。

君はきっと本当に魔王だから、じわじわとわたしを引きずり込んで殺すのだろう。

 

わたしに、殺してもいいからって君は言ったけど、どうして君がそうやって言うの?って、殺されるのは君ではなくてわたしなのだ。

 

わたしには、冬に一部が死んでしまう呪いがかかっているから。

 

でも、もう全て遅いね

もう、遅いよ

 

わたしは、君が怖い

 

もう、何処にも戻れないよ